Categories

    補聴器って何故、眼鏡屋さんで売られているのでしょう・・?
    補聴器は聴覚、眼鏡は視覚を補うものです。こう書くとなんだか似ているような気がしますが、商品の形や構造はまるで違いますよね。
    ・・と、話を振っておいてなんなんですが、これ、ちょっとググってみてもさっぱり答えがわからなかったので、テーマにはしません。しかし、わからないとなると余計知りたくなります。何故なんでしょうね?

    まあ、わからないことは考えても仕方がないので、ここでは普通に、補聴器の基礎知識を中心に見ていきましょう。

    聴力の低下、視力の低下は、共に、生まれつきの場合もありますし、加齢などによる場合もあります。
    いずれの場合も、聞こえづらい、見えにくい、ということになったら、まずはお医者さんにかかるかと思います。そこで、補聴器や眼鏡を作る必要があるかどうかを判断してもらうとよいでしょう。

    そして、必要だ、ということになれば、販売店へ出向いて作ってもらうことになります。

    補聴器にしても眼鏡にしても、医師への受診を飛ばして、直接販売店で作ることもできるのですが、初めて作る場合には特に、まず、専門医に観てもらったほうが良いでしょう。その理由は、次のページにて。

    オススメリンク

    補聴器の購入なら│田中チェーン

    調布でメガネを調達するなら:メガネサロン国領

    Calendar
    2014年4月
         
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930